ESRスプレッダーロール

    特許取得済みのユニークなESRスプレッダーロール (EcoStretchRoll) は、特別な性能を備えた新しいタイプのゴムロールです。ゴムリングの形をした数多くのスプレッド要素を高品質のガイドロールに取り付けます。拡幅は中心から外側に向かって動作し、両方向の回転に同様に機能します。装着が簡単なESRスプレッダーロールは即使用可能で、次のようなメリットがあります。

    • 強力な拡幅効果
    • 大きな接触面
    • シワができない
    • 低い磨耗率
    • 高いコスト効率
    • FDA(米国食品医薬品局)適合で納品可能
    スプレッダーロールインフォPDF

    応用範囲の広いスプレッダーロール

    ヘッセンブルッフ・スプレッディング・テクノロジー社の新しいスプレッダーロールは、様々なウェブテンションと速度を用い、プラスチック、アルミホイル、紙、不織布、テキスタイルなどあらゆる素材のシワを防止します。既存のブラシロールやゴムロールなどが持つ拡幅技術の優れた特性をESRスプレッダーロール一つにまとめ、改良を行いました。

    このロールは完璧な拡幅特性を持つ振動減衰ガイドロールの機能を果たします。コスト効率の高い当社のゴムコーティング搬送ロールは、既成システムの代わるシステムです。このロールは、バナナ型ロールやガイドロールの代用として、またはターニングバーシステムや巻き取りシステムのテンショニングシャフトの前など、あらゆるポジションに設置できます。

     

    フィルム

    ESRスプレッダーロールは、単層および多層フィルム、またはBiax PETPフィルムなど4 μm以上のあらゆる種類のフィルムに使用できます。

    不織布

    ESRシステムの持つユニークな特徴が、不織布において優れた拡幅効果を発揮します

    テキスタイル

    あらゆる種類のテキスタイルで、ESRは完璧な拡幅結果を発揮します。

    大きく滑らかなEPDMやシリコン製の接触面は、特に繊細な扱いを要する紙の拡幅に向いています。

    ESRスプレッダーロールのメリット

    動作原理

    ESRスプレッダーロールの特許取得済み特殊形状スプレッドリングは、20〜40個の互いに完全に独立して作動する個々のスプレッドで構成されています。

    接触面

    大きく滑らかでわずかに湾曲したロール接触面で、初期段階から表面を保護し、シワのない拡幅を行います。

    巻き取り角度

    ロールは8°から180°の巻き取り角度まで完全に機能し、どちらの回転方向にも同様にうまく拡幅します。

    ウェブテンション

    40 ~ 500 N/mのウェブテンションで、完全にシワを防ぎます。

    ウェブの厚さ

    ロールは、厚さ4 µm以上または10 g/m²以上のあらゆる素材に適しています。

    マルチ調整

    拡幅を減らす領域を部分的に挿入することで、ロール幅全体に正確な拡幅作用が行き渡ります。

    ターニングバー

    ESRスプレッダーロールは、ターニングバーシステムの特別な条件下でも完全にシワを防ぎます。

    ライン速度

    この搬送ロールで、最大800 m/minの高速ラインでも確実に拡幅できます。また、ロールは非常に静かに動作します。

    材料特性

    EPDMやシリコンは、あらゆる用途に適した材料特性を持っています。

    バージョン

    個別スプレッド要素は、直径4種、レイアウト2種、素材3種からお選びいただけます。長さはご要望に応じて最長7000 mmまで可。

    ロールボディ

    ドレックスハーゲ社製EconomicRoll®。特殊形状の軽量アルミチューブで、高い曲げ強度を実現。わずかな慣性、20 g以上の始動重量で優れた反応。

    組み立て

    ESRロールは、顧客のニーズにより個別にカスタマイズされ、設置可能な状態で納品されます。ロールをすぐに現場で稼働するための特別な駆動装置は必要としません。